老け顔は第一印象が悪い

会社の同僚や友達、もしかしたら見ず知らずの人から、心無い一言を言われてショックを受けた事はありませんか?

 

学生時代に サラリーマンと間違われたり、新卒なのに社内のあだ名が課長だったり、

女性の場合は20代なのに、お若いですね、30歳くらいに見えますよ、なんて言われたら本当にショックを受けてしまいます。

 

相手に悪気があって身体的特徴をあげつらっている訳ではないので、言われた方としても腹が立つやら情けないやらで、本当にみじめな気分になりますよね。

 

こんな具合に老け顔が原因で嫌な思いをした事がある人はかなり多いはずです。

 

また、人間は見た目が9割と言われ、どんなに出来た人でも第一印象から逃れることは出来ません。

 

特に仕事や恋愛では第一印象がずっと後を引くので、最初に良いイメージを持ってもらえないと物凄いハンデを負ってしまいます。後から名誉挽回するのは非常に難しいです。

 

多分、こんな事は老け顔で悩んでいる人にとっては、薄々気づいている方は多いと思いますし自覚があるケースがほとんどでしょう。

 

だから、このサイトはそんな老け顔で悩む人の為に様々な情報を集めました。

 

老け顔と呼ばれる人に共通する特徴や一番先にケアすべきパーツ、原因や解消法、メンタルについて必要な情報を網羅する事が目的です。

 

読み進めていけば、きっと自分に当てはまるケースが見つかると思います。

老け顔の特徴について

実年齢以上にみられる老け顔には様々な特徴があるので、その原因や解消法も様々です。

 

例えば男女の差もありますし、10代から老けてると言われているのか、20代から急に老けて見えるようになったのかというのも重要なポイントです。

 

それに老けてみられるというのは単に顔の特徴だけを表しているのではありません。実はその人が持っている「ふわっとした雰囲気」の事も含まれています。

 

そこで、老けた雰囲気はいったい何から醸し出されているのか、という事も含めて老け顔の特徴をまとめてみました。

この中に当てはまる点が多い人ほど、老け顔だと言われやすいので注意が必要です。

 

老け顔の特徴

 

  • 白髪が多い。
  • 髪がパサパサしている。
  • 肌にみずみずしさが無く、カサカサしている。
  • 肌が脂ぎってテラテラしている。
  • 肌がくすんでいる。
  • 肌にしみが目立つ。
  • 目じりのシワが深い。
  • 目の下がたるんでいる。
  • 目の下のクマがめだつ。
  • 頬やあごの肉が垂れている。
  • ほうれい線が目立つ。
  • 口の周りや鼻の下のひげが青い。
  • 加齢臭やワキガなど体臭が強い。
  • ファッションセンスが古臭い。
  • 髪型がおじさん、おばさんっぽい。
  • しゃべり方や雰囲気が中年っぽい。
  • 太り気味の中年体形をしている。
  • 手足に筋肉が少なく、ガリガリの体系をしている。

 

こうして並べてみると、かなり多くのチェックポイントがある事が分かります。

 

シワやヒゲを合わせれば老け顔イメージは肌によって作られていると言っても過言ではありません。

 

そして、老け顔の印象を持たれている人はこの中のどれか一つ以上が間違いなく当てはまります。

 

自分で自分の問題点が分からないとか、気づけない事もありますから、自分は一覧表には全く当てはまらないと思う人は、友人や家族に率直な意見を求めると良いでしょう。

 

また、自分で欠点だと思っているところは実は悪くなくて、全く盲点となっている箇所が自分の老け顔ポイントだったという事も非常に多いので、他人の意見をもらう事は重要です。

 

まずは問題点を把握するためにセルフチェックを行いましょう。

老け顔の解消法

実のところ、老け顔と言われた人全員に対して共通の特効薬はありません。

 

人それぞれ顔には個性があるので、同じことをすれば良いという事はないのです。

 

例えば、ほうれい線が目立つ女性と青ひげが濃い男性ではケアの内容は全く違いますし、薄毛の人が顔を引き締めるマッサージをいくら頑張っても、それは見当違いというものです。

 

しかし、これから紹介する3ステップを踏めば誰もが必ずいい方向に向かいますから、参考にしてください。

 

3ステップは、現状把握、原因確認、具体的な対策の実施です。

 

この3ステップはビジネスや試験勉強にも通じるやり方で、問題解決の手順としては割と一般的ですから老け顔対策にも応用可能です。

 

老け顔解消の1ステップ目

一番最初のステップは現状の把握です。

 

このステップの一番重要な目的は自分に自信が無いために必要以上に老け顔だと思いこんでいないか確認するためです。

 

全然臭くないのに自分が臭く感じる自臭症という心の病気があります。体臭に限らず、自分で自分をいじめてしまっているケースは結構多く、ルックスについても同じです。

 

もちろん、家族や友人関係などを含めて複数の人から指摘されているのなら、残念ながら老け顔だと思われていると判断して構いませんし、みんなに気にしすぎだと言われるのであれば自信を持つことが解消法になります。

 

また、体調によって時々老けた印象になってしまう人の場合もあります。

 

徹夜明けや仕事が忙しい時の顔があまりにひどい、という場合は疲労や睡眠不足が原因だと言えますから、休息をとったり、仕事の嵐が過ぎるまで化粧で乗り切ったりすれば大丈夫です。

 

老け顔解消の2ステップ目

次のステップは原因の把握です。自分のどこが老け顔なのか?という事について深く考えて原因を見つけ出すことです。

 

例えば、おばさんくさいといわれた場合は、どこがおばさんくさいのか、自分の何がおばさんくさい印象を与えているのかという事を分析して原因を特定します。

 

自分の見たくない部分を見なくてはいけないので非常につらいですし、採点が甘くなったり無意識に避けてしまう事も多いので、つまづく人が多いですが、他人を見る目でチェックして下さい。

 

老け顔の特徴と原因

老け顔解消の3ステップ目

最後のステップは具体的な対策を行って老け顔を解消するステップです。

 

自分のどこに老け顔要素があるのかはっきりしたら、あとはそれを解消するかしないか決断するだけです。

 

既にやっているよ、という人もいると思いますが、それが正しいケアでなければ効果は望めません。

改めてチェックしてみてください。

 

老け顔の解消法

 

ここまで来れば後はやるだけなのですが、意外とこの決断が出来ずに先延ばししてしまう人は多いです。

 

老け顔コンプレックスを放置するとどうなるか?


年齢にもよりますが、自分の容姿について自信が持てないままに日々を過ごしていくと、大きなデメリットが待っています。

 

それは劣等感を育ててしまう事です。

 

最初は気にしなくても、長い間にわたってみんなから老け顔だとかおばさん臭いと指摘され続ければ、気が付かない内に消極的で引っ込み思案な性格になってしまいます。

 

たびたび匿名で行われるアンケートで、美人とブスはどちらが性格が良いか、というものがあります。

 

この問題は毎回もめますが、美人の方が子供の頃からいい思いをしているから、素直でまっすぐに育ち、それを見たブスはひねくれていく、という意見に一定の支持が集まります。

 

これが事実なのか誰にも分かりませんが、多くの人が支持するという事は、少なくとも美人が愛されるように育つといった傾向はありえる事だといってもよいでしょう。

 

このように老け顔呼ばわりされることは、確実に自信を失わせてしまいます。

 

その結果・・・

 

  • 目立たないような地味なファッションをするようになる。
  • 身なりに気を使わなくなり、出会いのチャンスを逃してしまう。
  • 自分磨きをしないので、いざという時に自信が持てなくなる。
  • どうせ自分なんか、という気持ちになって負け癖が付いてしまう。
  • 第一印象が悪くなるので、仕事でハンデを負ってしまう。
  • みんなに軽く見られるので、卑屈になってしまう。

 

他にもたくさんのデメリットがありますが、自分は老けているから、美しくないからといった理由をつけて、楽なほうへ流れてしまうのです。

 

あまりにひどくなると、容姿コンプレックス醜形コンプレックスにまで悪化してしまうことだってあり得ます。

 

また、全体的に小顔にしたいとか、足を10cm伸ばしたいといった美容整形レベルでなければ変えられないコンプレックスは存在しますが、老け顔レベルの悩みであれば、ほぼ間違いなく改善可能です。

 

ぼんやりと悩むよりも、まずは自己分析して何が原因なのか確かめ、少しづつ原因を取り除く事を決断してみてはいかがでしょうか?

 

 

メンタルや疲労と老け顔の関係について

頭髪が薄くて老けて見られる人や髪型について

頭髪が薄くて老けてみられる人

 

髪質や若白髪のせいで老けてみられる人

青ひげや眉毛、スキンケアについて

青ひげが濃い人

ほうれい線やシワ、頬のたるみ等のケアについて

頬やあごの筋肉が弛んでいるせいで老けて見られる人

 

老け顔豆知識